旭山動物園の歴史は?

みなさんは、旭山動物園はいつからあるかご存知ですか? 日本国内で、一番寒い地域である北海道には、動物園ができるのが、とても遅かったといわれているのです。 しかし、その後日本がとても潤ってきて、地方都市にたくさん動物園が建てられるようになったことで、旭山動物園も誕生しました。 1967年に、旭山動物園が開園したのです。 今から、もう40年以上前ということになりますよね。 ちなみに、今はもうその路面電車はなくなりました。 開園したばかりの頃の旭山動物園は、今のような特色は、全くなく普通の動物園だったのです。 それでも、旭川市が発展するに従い、入園者数は増加していったのです。 しかし、1980年代になれば、他の娯楽が発達したことにより、入園者数が減少していきました。 動物園自体が、下火になっていた時代なのです。 そういう流れを断ち切るべく、旭山動物園では、ひとつの珍しい試みを行うのです。 それは「行動展示」という展示方法なのです。 そして、2000年代に入れば、北海道ならではの「ペンギン館」「ほっきょくぐま館」「あざらし館」が誕生してきます。 特に「あざらし館」は、あの細いパイプのような水槽がたくさんテレビで取り上げられて、大きな話題になりましたよね。 それにより、入園者数が激増して、旭山動物園は日本でも3本の指に入る人気動物園になりました。