フリーロンの即日融資は困った時に助かるけど、今は銀行では禁止らしい

クレジットカードを作る際にフリーローンのキャッシング枠の存在を疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。

これはその名の通り現金を貸してもらえるサービスです。

利用を希望する場合、申請時に貸付希望額を申請するのですが、限度額がその通りになるのかは分かりませんし、場合によってはキャッシング枠そのものが付かないケースもあります。

あくまで年収等の3分の1までしか借り入れることができない総量規制による制限から審査に落ちてしまうことも珍しくありません。

また、一般的にフリーローンのキャッシング業者が取り扱っているキャッシングサービスと比較すると、利率が高くなる傾向があるようです。

クレジットカードにキャッシング枠があれば、わざわざローンカードを申請する必要が無く使い勝手は良いのですが、さまざまな業者の提供しているサービスも視野に入れ、比較検討してから利用する方が良いでしょう。

どうも今月は何かと厳しいなぁ、という時には便利な手段としてキャッシングがありますが、専業主婦にとっては無関係な話、と思い込んであきらめる方も大勢いらっしゃるかもしれません。

しかし、実際には専業主婦でも融資が可能となるキャッシングもあります。

専業主婦でも大丈夫なキャッシング会社では、配偶者に定期的な収入があれば、審査をクリアしてキャッシングの利用が可能となります。

以前、グレーゾーン金利という言葉が話題になったことを覚えている方もいるのではないでしょうか。

2010年の法改正以前に消費者金融から高金利の借入を行っていた方は、過払い金が発生している可能性が高いです。

法改正以前のキャッシング業者には、制限利率を超えた貸付を行っていた業者があります。

そこでのキャッシングの返済時に支払った、違法な金利分を過払い金と呼びます。

年利が20%を超えていたのなら、過払い金の請求ができます。

これは弁護士に頼んだり、ご自身で請求すればお金が戻ってくるかもしれません。

しかし、過払い金返還請求は完済後10年間の期限付きなので、これらの条件にあてはまる可能性がある人は急いだ方が良いかもしれません。

昔から借りている人ならご存知だと思いますが、2010年までに段階的に法律が改正され、フリーローンやキャッシングの金利の上限値は以前より下がりました。

といっても、利息上限法では最大で18.0%での貸付が認められているのに対し、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、貸付可能でした。

あれ?と思った人も多いでしょう。

一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。

この18?29.2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。

ここ数年、CMでも見かけるようになった過払い金請求というのは、利用者が払い過ぎた金利部分を返してもらおうという、法律の専門家による代行サービスです。

突然お金が必要になったときには即日キャッシングというものがかなり便利で頼りになってくれます。

申し込みをした日にすぐ借りることが出来るので、非常に助かるのです。

しかも土曜日曜でも関係なく無人契約機を利用することで容易に契約ができますし、隣接するATMを使うことで借り入れを行えるのです。

ブラックリストに載ってしまい、どこのキャッシングも審査落ちしてしまう状態になったからといって、他人の名前を借りるような行為は厳禁です。

勝手に使うのはもちろん、相手の許可を取ったとしても法律に違反しています。

正確な情報で審査に落ちてしまうのなら、潔く諦めるべきです。

フリーローンのキャッシング業者は返済能力を見るプロです。

そのプロから厳しい評価を受けたために、お金を借りられないのです。

万が一、他人の名前を使ってキャッシングできるようになったとしても、相手を破産に追い詰めたり犯罪者としてのレッテルを貼ってしまう可能性があることを理解しておいてください。

キャッシングの借り換え先を選定する際は、まず低金利であるかどうかを確認することが必要不可欠です。

銀行系のキャッシングは低金利に設定されていますが、審査が通りにくいうえに審査結果が出るのも時間がかかるのが難点です。

他にも元々借り入れている先のローンが低金利だったケースだと、審査もさらに厳しくなりますので、気をつけて借り換えるようにしましょう。

残高不足でフリーローンの返済ができなくても、翌週頃に再引き落としできるので次回から気をつければ大丈夫です。

参考:フリーローン即日融資できる?おすすめ消費者金融はどこ?【審査基準】

しかし延滞すると、利用停止といって、カードが使えなくなり、借り入れができなくなります。

また、自宅あてに書面での督促が送られてきます。

開封しない、気づかなかったという言い訳はききません。

無視する状態が続くと、期限を過ぎれば債権は別会社の手に渡り、最終的には裁判ということになるでしょう。

そんな履歴を残してしまう前に、期日に間に合わないようなら早めに借りていた業者に連絡してみましょう。

状況を聞いたうえで、対応してくれる場合もあります。

借入も返済もスマートにできるカードローンのキャッシングは多忙な社会人には重宝しますが、必要以上に借りたり、収入を上回る返済見込みを立てたりすると、予定通りに返済できない(難しい)ときがあったりして、借金が借金を呼ぶなんてことにもなりかねません。

あまり怖いことを言うつもりはありませんが、自分の収支というものをしっかり頭に置いて、自分のボーダーラインを守りながら利用する気持ちを忘れなければ、こんなに便利なものはありません。

一度に返済できるくらいの少額キャッシングなら、利息を払わなくても良い期間がある金融業者を選んで利用してみるのが一番良いと思います。

利息がかからない期間中に一括返済ができれば期間外では必要な利息が一円もかかりませんから、このサービスを使えばとてもお得になります。

一度に返済するのはちょっと...というような場合でも無利息OKの期間があるような金融業者の方が借り入れがお得にできるなんてこともあるようなので、いろいろな視点で比べてみてから選びましょう。