乳液副作用ってあるのか?

乳液を新しく別のものに変えた際に、肌に合わなくて炎症をおこしたり、かぶれて皮がむけてしまい肌ががさがさになるという副作用を経験した人もいるでしょう。
市販されている乳液には様々な成分が含まれていますが、今のところ法律では有害な物質は特に規定されておらず、更に有害な物質でも表示してさえあれば配合した乳液を販売することができます。
乳液を使って副作用を起こさないためにも乳液を選ぶ際に、成分表をきちんと確認して肌に悪影響を与えそうな物質を含んでいないかを見極めることが大切です。
乳液には何千もの物質が成分として使われており、一般的には発ガン性や環境ホルモンの疑いのある物質は肌にはあまりよくないとされています。
また、乳液の用法や使用量を誤ったために副作用が出てしまったというケースもあります。
乳液で選ばれている人気のトライアルセットは?